メインビジュアル休診

北浦和駅東口2分 土曜 日曜診療 医科歯科連携診療 予防歯科 小児歯科 小児矯正

〒330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-1-11 登坂ビル2F

お問い合わせ048-816-4100

MENU

Column

歯のお役立ちコラム

第5回 子供の歯の豆知識 

小児歯科

~キシリトールの重要性~

 目次

・キシリトールって何??

・キシリトールはどこにあるの?

・キシリトールがむし歯になりにくくする理由は?

・食べ物と時間に注意

【キシリトールって何でしょうか?】

キシリトールは、お砂糖の一種です

お砂糖のことを糖アルコールと言いますが、甘味炭水化物を意味しています。この甘味炭水化物であるキシリトールの仲間には、マルチトール、ソルビトール、マンニトールなどがあり、これらは多くの食品に用いられています。

【キシリトールはどこにあるのでしょうか?】

 キシリトール食有量(mg/100gd5)

  • イエロープラム 935.
  • イチゴ 362.
  • カリフラワー 300.
  • ラズペリー 268.
  • レタス 31.
  • ほうれんそう 107.
  • たまねぎ 89.
  • にんじん 86.     

見ていただくとわかるように、色々な果物や野菜に含まれています!

特にイチゴにはかなり含まれているんですよ。

ちなみに、人の肝臓でもキシリトールは作られていますよ

【キシリトールはむし歯になりにくくする!】

①キシリトールはむし歯菌が食べた後に、酸を作らない

 (酸は、歯の表面を溶かします)

②歯の表面を中性に近づけてくれる

 (酸性に傾くと、表面が溶けていきます)

③唾液の分泌を促します

 (ガムかタブレットを摂取することで唾液腺が刺激される)

④再石灰化を促進させる

大体この4つがむし歯になりにくい原因と言えます!!

参考にこんな表があります。どの地域でも一定数のキシリトールのむし歯予防が実証されている証拠となります。

※http://www.jfscp.gr.jp/siryo/kisochishiki.html参照

次回は、実際のキシリトールの摂取方法をお話しします

*****登坂歯科医院での取り組み*****

0歳~12歳まで対象の『ハミガキ教室』を実施中

今までありそうでなかった、”歯科医院独自のプログラム”での本当のハミガキの仕方を習得してもらう教室になります。

ハミガキこそ本当の意味での予防歯科です

早い段階でハミガキを習得し、「自分で完璧なハミガキができる」ことから生涯むし歯”0”を目指してください。

                                                                   登坂歯科医院  院長  登坂悠也

TOP
Web予約
24時間
Web予約